Shinobiライティングに記事を発注してみる




記事を発注する

サイト内の記事の大まかな内容を決めたら、時間のない場合は文章をShinobiライティングに書いてもらうことができます。
私は文章を書くのがとても苦手なのですっごくありがたいサービスですね。

Shinobiライティング




Shinobiライティングとは、株式会社サムライファクトリーが運営するライター系のサイトです。

お店のサイトやブログを外注できるところです。
自分で書くには、どうしても時間がかかってしまい、書きたいものを全て書こうとすると時間がいくらあっても足りません。

そういった時に、Shinobiライティングを利用すれば、依頼するお金はかかりますが、時間と労力の節約になります。
お金で時間と手間を買うということです。

Shinobiライティングでは、ほかと違い1記事ごとに依頼できることが大きな魅力です。
タイトルやキーワードなど、自分で決めて、必要な指示だけをして、依頼するだけです。
直接ライターさんと交渉したりする必要もありません。

詳細条件指定をしたい場合や、大量に発注したい場合には、エクセル発注が便利です。
複数ブロックに分かれた見出し付き発注もできるようになり、ますます便利に手軽に使えるようになってきています。

またShinobiライティングは記事ができる早さも定評があります。
使ったことのある方は、とにかく早いと言います。
記事にもよりますが、依頼して数日で、もう記事が出来上がってくることがあるそうです。

支払いもペイパルかクレジットカードで決済を済ませておけば、あとは記事が出来上がるのを待つだけといったシンプルさです。

他のサイトで依頼しようとして、その複雑な依頼方法に、これなら自分で記事を書いたほうが早いと感じてしまう人が多いなかで、Shinobiライティングのシンプルな仕組みは人気のようです。
記事の量が少なめで、時間や手間をかけずにさっと依頼して、早く出来上がった記事を受け取りたいという人にはとくにおすすめできます。


Shinobiライティングによる成功失敗

Shinobiライティングを実際に使ってみると、簡単に依頼ができたからといって、成功ばかりではありません。
もちろん失敗の時もあります。
キーワードを設定するだけでは、依頼する側は書いてほしい記事のイメージを伝えたつもりでいても、書く側にはイメージしにくいことがあるようです。

直接コンタクトをとって、依頼するわけではないので、そういった失敗がでてしまうことは避けられないでしょう。
また、文章の構成力には、書く人によってかなりの差があります。
だいだい依頼内容に合っているんだけれど、日本語としての文章構成がおかしい、といったことも起こってしまいます。
これは、依頼する時に細かく指示を出しても起こってしまうことなので、あとは時の運と思ってあきらめるしかないでしょう。
しかし、運が良ければ、思った以上の仕上がりの記事が出来上がることもあります。そういった当たり外れがあることは承知しておかなくてはいけません。

Shinobiライティングの納品

Shinobiライティングの使い方のポイントとしては、Shinobiライティングの納品が行われた後に、自分の考えや文章を足すことです。
大まかな文章の柱ができていると、自分の考えを要所要所に追加するだけで、まとまった文章ができます。
これをいちから始めようとすると、まず構成を考えなくてはならず、そこに考えを足して、訂正していく手間がでてきてしまいます。
一通り出来上がっている文章に、追加訂正していく作業のほうがずっと楽です。
そうやって、無駄な作業をする時間を短縮できれば、本来書きたかった内容について深く考える時間ができ、よりよい記事を書くことにつながります。
Shinobiライティングには、このような活用法もあります。

まとめ

最近は納品がとても速くなったと思うし、ライターさんの記事を書く能力というか欲しい記事をイメージする能力がとても向上しているのを実感しています。
価格も安いですし、時間の短縮にもなりますし沢山書いてもらってもいいと思うな〜

ちなみにこの記事も9割以上はShinobiライティングに書いてもらいました!


スクエアはオススメの手軽なカード決済

2017.09.24






持っていてお得!
クレジットカード

ネット上でのサービスをこれから使う上でとても便利!年会費無料の物を選んでみました。

すごく簡単に解説
ブログの簡単な作り方

ビジネス用のブログを作るならまずこちらから読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です